スキップナビゲーション



現在位置
Home >レンズの装用とケアの仕方

レンズの装用とケアの仕方

レンズの装用とケアの仕方

■ レンズを取り扱う際のご注意 * コンタクトレンズは直接目に触れるものなのでさわる前に必ずキレイに手を洗います。 * 石けんで丁寧に洗った後、ローションやクリームなどの化粧品はつけないようにします。 * レンズはデリケートで傷つきやすいので取り扱う時は爪が当たらないように気をつけます。
■レンズの取り扱い−はめ方とはずし方 * レンズのはめ方
  • 1.レンズを容器から取り出し手のひらにのせ生理食塩水またはクリーナー液を注ぎ洗い流します。
  • 2.レンズを利き手の人差し指の上にくぼんだ方を上にして乗せ裏返っていないか確認します。
  • 3.鏡を見ながらレンズを持っていない方の手の人差し指または中指を上まぶたのまつ毛の生え際に当て、レンズを乗せた方の手の中指を下まぶたのまつ毛の生え際に当て、 上下に押さえながら目を大きく開きます。
  • 4.真正面から鏡をよく見ながらレンズをゆっくり目に近づけ、黒目にそっと乗せます。この時、目を瞬かないように気をつけます。
  • 5.レンズを黒目に正しく乗せたらまぶたを押さえていた指をゆっくりと離し、そっと目を閉じてレンズがちゃんと中央に落ち着くようにします。する。
  • 6.レンズをはめた目を開けよく見えるか確認します。
  • * レンズのはめ方
  • 1. 鏡をよく見ながらレンズの位置を確認します。
  • 2. 清潔な手で、はめる時と同じように、利き手の中指で下まぶたを、もう一方の手の人差し指または中指で上まぶたを押さえ目を大きく開きます。
  • 3.利き手の親指と人差し指でレンズのやや下の部分をそっとつまんで取りはずします。
  • ■ レンズの保管と管理のしかた * 使用後のレンズはソフトレンズ専用洗浄液で丁寧に洗ってから、保管液を入れたレンズケースに入れ、なるべく湿度の低い場所に保管します。
  • 1.はずしたレンズは手のひらに乗せ洗浄液をつけ、指で摩りながら表面に付着している細菌や異物を洗い流します。
  • 2.伏せて乾燥させたレンズケースに保管液を入れ、くぼんだ方を下にしてレンズをつけます。
  • 3.1.のように「こすり洗い」をするほかに、専用のクリーナーにつけ「つけおき洗浄」で汚れを落とす方法がありますが、効果はやや劣るとされています。
  • 4.涙液から付着したタンパク質は別途に除去していかなければなりません。週一回用、デイリー用などご都合にあわせて市販のタンパク除去剤をご使用ください。
  • ■ 詳しい説明
  • 1. レンズの装用によって目が充血したり痛みが感じられるようになったらすぐに使用をやめてください。
  • 2. レンズ装用中には刺激的な蒸気や熱気は避けるようにします。
  • 3. 水泳など、水に関係のある活動やスポーツ活動中のレンズの装用は、眼科の専門医にご相談ください。
  • 4. 手以外のピンセットやほかの器具でレンズを取り出さないでください。
  • 5. はめられたレンズは一見固定されているように見えますが、瞳の上での動きが自由でなければなりません。レンズが目に密着しすぎて動かなくなる場合がまれにあるよう ですが、そうした場合はむりやり取り除こうとせず、必ず眼科医に診てもらいましょう。
  • 6. レンズに触るとき、手は常にキレイに保ちましょう。化粧品、石けん、防臭剤、ヘアスプレーなどがレンズに触れるか付着しないように気をつけましょう。
  • 7. もしもほこりや異物がレンズについた場合、微細な程度でも視力の変化や目に損傷をもたらす原因になるので、触れるときはより慎重になりましょう。
  • 8. 本品の製品マニュアルは熟知しておきましょう。取り扱い方をはじめ、眼科医の指示も載ってあるので、いざとなった時、ご参考ください。
  • 9. 使用期限をすぎたレンズは使用しないこと。
  • 10. ヘアスプレーなどエアロゾル製品は気をつけて使いましょう。使用時はなるべく目をつぶるようにします。
  • 11. レンズは落とさないようにします。
  • 12. 目薬を使う時は眼科医に相談するようにします。
  • 13. 職業上目の保護装置などでレンズをつけられない状況もあり得るので気をつけましょう。
  • 14. 目に疾患がある場合や、コンタクトレンズにアレルギーがある体質の場合は装用を避けましょう。
  • 15. 生理食塩水、クリーナー、保存液などは必ず専門会社の製品を使い、水道水などレンズ用に製造されなかったものは使わないでください。
  • 16. 他人が使用したレンズは絶対使ってはいけません。また、レンズの貸し借りは絶対にしてはなりません。
  • ■ 副作用について
  • 1. 痛み、かゆみ、充血
  • 2. 目の異物感または涙の出すぎ
  • 3. 視野が狭くなったり目が異様に敏感
  • 4. ドライアイ(乾き目/角膜乾燥症)
  • * 下記のような症状があらわれたら、すぐにレンズ使用を中止、眼科医に診せましょう。